毛穴トラブルの発生原因はオイリー肌か?ニキビも?

毛穴トラブルはお肌のたるみの原因となったり、ニキビの原因とも言われています。

 

毛穴トラブルと皮脂量は大きく関係しているように言われますが、オイリー肌が毛穴トラブルの原因となっているのでしょうか?

 

この記事では、毛穴トラブルの発生原因がオイリー肌なのか、また、ニキビの原因になっているにかを確認してみます。

 

 

まず最初は毛穴の役割から確認してみましょう。

 

毛穴の役割

 

毛穴があることで、毛穴が詰まったり、毛穴が開いたり、黒ずみやたるみの原因になります。

 

そもそも、毛穴は何のためにあるのでしょうか?

 

特に顔の中でも額や鼻が位置するTソーンは皮脂量が多く、テカりが目立ちますね。

 

皮脂量が多いTゾーンは他の部位と比べると毛穴が目立ちます。

 

毛穴が目立つということは、その分毛穴が開いていること証拠で、毛穴の開きが毛穴のたるみにつながり、皮膚のたるみにつながります。

 

毛穴は、毛だけでなく、産毛が生えるための穴という役割だけでなく、皮脂の出口という役割も持っています。

 

皮脂は皮脂腺で作り出されますが、皮脂腺の大部分は表皮の下の真皮にあります。

 

皮脂は、オイリー肌の原因のように、お肌にとって邪魔者のように思われていますが、決して悪者ではありません。

 

皮脂の役割

 

皮脂はお肌にとって悪者ではないといいましたが、どのような役割を持っているのでしょうか?

 

皮脂がもつ役割ですが、皮膚を乾燥から守る役割をもっています。

 

皮脂腺から皮脂は作られますが、適量に保たれている場合はお肌に悪影響は与えません。

 

オイリー肌の主な原因は、食生活やホルモンバランスが乱れなので、オイリー肌を治すには、食生活を見直し、乱れたホルモンバランスを整える必要があります。

 

毛穴トラブルの原因

 

(1)毛穴の詰まり

 

毛穴が詰まるのはターンオーバーの乱れです。

 

ターンオーバーが正常に行われている間は、毛穴に出来る角栓は定期的に排出されます。

 

しかし、ターンオーバーが乱れることで、毛穴に排出されるべき角栓が残ってしまうことで毛穴が詰まります。

 

(2)毛穴の黒ずみ

 

毛穴に残った角栓が空気と触れたり、活性酸素と触れることで酸化が進みます。

 

角栓が酸化することで黒くなるため、黒ずみと言われます。

 

実は、この黒ずみがニキビの初期症状とも言われています。

 

(3)毛穴の開き

 

通常、毛穴は適度に閉まっている状態なのですが、毛穴が開いたままの状態なのが毛穴の開きです。

 

原因として考えられるのは、過度のスキンケアや過度の刺激です。

 

一日に何度も顔を洗ったり、こすったりするだけでもお肌には刺激となり、乾燥や刺激からお肌を守る表皮のバリア機能を低下させることで角質層が未成熟なまま外気にさらされている状態と言えます。

 

(4)毛穴のたるみ

 

お肌も20代のころと較べて40代になるとしわが増えたり、肌がだるんできます。

 

このお肌のたるみは、真皮の保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸が少なくなることが原因です。

 

これらの成分が少なくなることで、お肌の張りが無くなったり、毛穴が開き、そこに皮脂が詰まることで更に毛穴が広げられ、結果たまった皮脂の重みで毛穴がたるみ、小じわの原因となります。

 

 

まとめ

 

この記事では毛穴トラブルの発生原因はオイリー肌なのかを検証してみました。

 

結果としては、オイリー肌が毛穴トラブルの原因ではなく、毛穴トラブルはターンオーバーの乱れるより毛穴の詰まりを発端に、毛穴の黒ずみ、毛穴の開き、そして毛穴のたるみへと進んでいきます。

 

だから、毛穴トラブルをおこさないためには、ターンオーバーの乱れをおこさないケアが必要だということです。

関連ページ

脂性肌(オイリー肌)の反対が乾燥肌だと思っていませんか?
脂性肌と乾燥肌は対局?脂性肌と感性肌の両方の症状をもつ脂性乾燥肌についてご紹介します。